コロッケ作り続けて約40年、コロッケをはじめ冷凍食品のOEM、PB開発のお手伝いさせていただきます。

コロッケランド BtoB オンライン



精肉店事例

プレミア牛のコロッケは端材の有効活用から始まった

精肉の加工業を営むD社様。加工の際に出る筋や脂などを含む端材の有効活用に悩んでいました。手っ取り早いのはハンバーグ。でもなにかもうひと手間加えて珍しいものは作れないかと考えました。
そこで考えたのがコロッケへの活用でした。

昔懐かしいコロッケに涙するスタッフも
当社に寄せられた注文は「端材を使ったコロッケ」というだけ。これが結構苦労するのです。提供された具材を前にあれこれ思索した結果出来上がったコロッケは昔ながらの、懐かしい甘みのあるコロッケ。この「懐かしい」と言うのがキーワードで社内の試食会で思わず涙を流した社員さんもいたとか。

「コロッケのおかげでブランド肉に対する敷居が低くなった」というお客様の声も
自信をもって販売開始したコロッケはすでに地域では知名度のあったブランド肉でした。高級肉が手軽に食べられるコロッケになったとあって発売当初から大人気。新聞の地域欄に掲載されるなどして話題の商品となりました。
「今までは高級肉だったから少し敷居が高かったけど、コロッケひとつから買いに行けるから身近な存在になった。」という声も聞かれます。
 今の担当者さんの心配は「コロッケを作るための端材がなくなってしまうかも」という事だそうです。